IT用語辞典バイナリ | さくいん | サイトマップ | ヘルプ | お気に入りに追加  
IT用語辞典バイナリ<パソコン用語・コンピュータ辞書>
IT用語辞典バイナリ<パソコン用語・コンピュータ辞書>
コンピュータ偉人伝<人物・画像・写真・プログラミング>
コンピュータ偉人伝<人物・画像・写真・プログラミング>
コンピュータ偉人伝<人物・画像・写真・プログラミング>
拡張子辞典<ファイル・変換・変更・表示>
HTML5タグリファレンス
CSS3リファレンス
HTML5 JavaScript API
エクセル関数リファレンス
ITパスポート試験
 
  
虫眼鏡  用語検索全文検索   
 
  索引
 矢印 用語辞典







       










記号
 矢印 拡張子辞典






記号数字
 矢印 コンピュータ偉人伝
検索結果

検索した用語に一致する記事が1個見つかりました。

1. 回線 - 用語辞典
読み方:かいせん
別名:通信回線
【英】line
回線とは、コンピューターと端末機器、あるいはコンピューターどうしを接続して、情報をやり取りするために用いられる通信線のことである。電気事業者が提供する広域通信回線や、LANなどの構内通信回線などを広く指す。

検索した用語を含む記事が349個見つかりました。

1. 回線 - 用語辞典
回線とは、コンピューターと端末機器、あるいはコンピューターどうしを接続して、情報をやり取りするために用いられる通信線のことである。電気事業者が提供する広域通信回線や、LANなどの構内通信回線などを広く指す。
2. 光回線 - 用語辞典
光回線とは、光ファイバーを使用した回線(通信回線)のことである。 一般的には、光ファイバーを自宅に引き込むFTTH(Fiber To The Home)を指すものとして用いられていることが多い。電話回線を利用するISDNやADSLの通信サービスに対して、光回線は、電話回線に比べて高コストであるが、 ...
3. 回線アダプタ - 用語辞典
回線アダプタとは、回線とコンピューターを接続するために、両者の間に設置される信号変換器(アダプタ)のことである。
4. 回線速度 - 用語辞典
回線速度とは、通信回線を利用してデータを他の端末に転送する際の通信速度のことである。bpsやbaudなどの単位で表される。
5. 仮想回線 - 用語辞典
仮想回線とは、物理的には1本である通信回線について、論理的に複数の通信回線であるとみなされた回線のことである。 仮想回線(VC)という表現は、コネクション型のパケット交換やATMネットワークにおいて用いられる。同じVCでも、TCP通信やフレームリレー通信においてはVirtual Circuitの語 ...
6. 回線利用率 - 用語辞典
回線利用率とは、回線容量に対する、伝送可能な容量の割合のことである。 例えば、回線容量か12Mbpsで回線利用率が50%の場合、実際にはデータが6Mbpsで伝送される。
7. 回線交換サービス - 用語辞典
回線交換サービスとは、データ転送の際、回線交換機を用いて利用者どうしを直通の回線で接続するサービスのことである。 たとえば一般的な電話回線や、公衆回線を用いた電話などが、回線交換サービスに当たる。一般の電話は、1セットのケーブルであっても数百から数千の回線を収容しているため、回線交換サービスの方式 ...
8. 回線リセール事業 - 用語辞典
回線リセール事業とは、第一種通信事業者から電話回線を借り受けた第二種通信事業者が回線を販売するという事業形態のことである。 第一種通信事業者は、自前で整備した回線設備を保有している通信サービス業者のことで、NTTやKDDIなどが該当する。第二種通信事業者は、第一種回線事業者から回線を借り受け、エン ...
9. 3G回線 - 用語辞典
3G回線とは、第3世代携帯電話システム(3G)の通信回線網のことである。特にデータ通信について言うことが多い。 携帯電話ではないデータ通信端末や携帯ゲーム機が、第3世代携帯電話の通信網に接続可能である場合などには、特に「3G回線に接続可能」などのように明示されることが多い。例えばNGP(PSVit ...
10. 公衆通信回線 - 用語辞典
公衆通信回線とは、NTTをはじめとする第一種電気通信事業者が提供している通信回線の中でも、不特定多数のユーザー相互間を結ぶ目的で利用されるもののことである。一般電話回線やISDNなどがこれに当たる。 公衆通信回線は、相手を限定されず、また時間なども限定されずに接続し通信できることを特徴とする。課金 ...
11. 加入者回線 - 用語辞典
加入者回線とは、NTTやKDDI、日本テレコムなどをはじめとする電気通信事業者の設備と、固定電話の加入者との間を結ぶ銅線や光ファイバーの回線のことである。 アナログ回線やデジタル回線などの種類を問わず、通信事業者と加入者の間を結ぶ回線のこと一般を指し、場合に応じて、回線の種類によって非対称デジタル ...
12. 回線多重化装置 - 用語辞典
回線多重化装置とは、いくつかのデータを、大容量で高速な1本の通信回線に多重伝送するための装置のことである。高速な通信回線を複数の低速なチャネルに分割するもので、プライベートネットワークやVAN(Value Added Network)を実現するためには欠かすことのできない技術とされる。
13. 回線交換方式 - 用語辞典
回線交換方式とは、データを送受信する機器どうしが、通信を行うたびに交換機によって通信先相手を識別し、信号の流れる物理的な経路を選択する方式のことである。 回線は接続が開放されるまで占有されるため、一度の接続で大量のデータを一括転送するのに適している。一般の固定電話によるダイヤルアップ接続がこの方式 ...
14. アナログ回線 - 用語辞典
アナログ回線とは、アナログ信号の伝送によって通信を行う回線のことである。 アナログ回線という用語が用いられる場合、多くは電話で用いられる通話網を指し、デジタル信号を伝送するISDNとの対比で用いられる。ISDNのような、デジタル信号をデジタル通信網によって伝送する回線はデジタル回線と呼ばれる。 ア ...
15. 中継回線 - 用語辞典
中継回線とは、ある2つの拠点間を接続するための中継を行う通信回線のことである。通信事業者のアクセス回線や、テレビ局の放送ネットワークを接続するために利用される。 中継回線の中でも特にテレビ局のネットワークを接続する回線は、NTTから提供されており、NTT中継回線と呼ばれている。NTT中継回線は、首 ...
16. DSU - 用語辞典
DSUとは、ISDN回線を使ってインターネット接続するときに使用するネットワーク機器のことである。 DSUは、ISDNのデジタル回線から受信した信号を、ターミナルアダプタ(TA)で使用できるように変換する機能を持っている。 ISDN用のターミナルアダプタやISDNダイヤルアップルーターの多くが、D ...
17. 公衆回線 - 用語辞典
公衆回線とは、拠点間を結ぶ通信回線において、不特定多数の利用者によって共有して利用される回線のことである。 公衆回線は、多くの利用者が物理的に同じ回線を共有する利用形態である。特に電話回線網については、公衆回線網あるいは公衆交換電話網(PSTN)などと呼ばれることが多い。公衆回線は、各電話端末と局 ...
18. DCE - 用語辞典
DCEとは、通信回線と端末を接続するための装置のことである。 DCEは通信回線網の終端部分に位置し、通信回線と、家庭やオフィスなどのLANとの接続点となる箇所に設置されている。モデムやターミナルアダプタ(TA)、DSU、光回線終端装置(ONU)などがDCEに含まれる。単にDCEや回線終端装置と言っ ...
19. バックボーン - 用語辞典
バックボーンとは、ネットワークが通信の中枢として用いる大容量の通信回線のことである。バックボーン(backbone)とは「背骨」の意味で、通信を行う際に最も重要となる、いわば回線網の屋台骨であるといえる。 バックボーンは、主にインターネットサービスプロバイダー(ISP)が他のISPと接続する接続拠 ...
20. コアネットワーク - 用語辞典
コアネットワークとは、ネットワークが通信の中枢として用いる大容量の通信回線のことである。コアネットワーク(backbone)とは「背骨」の意味で、通信を行う際に最も重要となる、いわば回線網の屋台骨であるといえる。 コアネットワークは、主にインターネットサービスプロバイダー(ISP)が他のISPと接 ...

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

IT用語辞典バイナリについて運営会社についてお問い合わせ先テクニカルライター募集利用規約
プライバシーポリシー著作権・商標について協力社一覧Weblio 辞書スマート翻訳英和辞典 - Weblio辞書Weblio英会話
©2021 GRAS Group, Inc. All rights reserved.