IT用語辞典バイナリ | さくいん | サイトマップ | ヘルプ | お気に入りに追加  
IT用語辞典バイナリ<パソコン用語・コンピュータ辞書>
IT用語辞典バイナリ<パソコン用語・コンピュータ辞書>
コンピュータ偉人伝<人物・画像・写真・プログラミング>
コンピュータ偉人伝<人物・画像・写真・プログラミング>
コンピュータ偉人伝<人物・画像・写真・プログラミング>
拡張子辞典<ファイル・変換・変更・表示>
HTML5タグリファレンス
CSS3リファレンス
HTML5 JavaScript API
エクセル関数リファレンス
ITパスポート試験
 
  
虫眼鏡  用語検索全文検索   
  IT用語辞典バイナリ > IT用語辞典 > 産業・技術 > 知的財産 > 違法コピー >

リバースエンジニアリングとは

  分野別用語辞典
  索引
 矢印 用語辞典







       










記号
 矢印 拡張子辞典






記号数字
 矢印 コンピュータ偉人伝
  最近更新された用語
  11月18日
  11月10日
  10月27日
  10月20日
  10月13日
  10月6日
  9月29日
  9月22日
  9月15日
  9月8日
  9月1日

リバースエンジニアリング

【英】reverse engineering

リバースエンジニアリングとは、既存の製品を解体・分解して、製品の仕組みや構成部品、技術要素などを分析する手法のことである。

リバースエンジニアリングは、ソフトウェアに対してはプログラムの分析が行われ、ハードウェアでは製品の分解が行われる。リバースエンジニアリングが行われる主な目的は、他社製品の仕様を知るためであり、その理由は製品間の互換性を保つためであるとされる。ちなみに、企業が販売している商品そのものには特許権著作権が含まれている場合も多いが、「開発段階のアイディア」は法的に禁止されていない。

ソフトウェアの場合、リバースエンジニアリングの技法としては、機械語で記述されたプログラムを高級プログラミング言語ソースコードに戻す「逆コンパイル」などが主に行われる。逆コンパイル著作権を侵害する危険性の多い手法であるため、敢えて避けられる場合も多い。使用許諾契約書でリバースエンジニアリングを禁止していることも多く、また、逆コンパイル対策用ソフトウェアなども開発されている。

また、システム保守セキュリティ強化、権利侵害の取り締まりなどを目的としてリバースエンジニアリングが行われる場合もある。ある製品について仕様書と実際の製品とが食い違っていないかを検証したり、バグセキュリティホールの可能性を調査したり、あるいは他社製品に自社の特許が盗用されていないかを調べたりする際などにもリバースエンジニアリングが行われている。


参照リンク
IPX -知的財産権保護のためのリバースエンジニアリング事業
 
英和和英テキスト翻訳 >> Weblio翻訳
英語⇒日本語 日本語⇒英語
  

リバースエンジニアリングと同じカテゴリーの他の用語

リバースエンジニアリングについて言及している用語

IT用語辞典バイナリでは、用語辞典に加えて、 コンピュータ偉人伝拡張子辞典など、ITに関連したコンテンツを提供しております。
また、Weblio 辞書では、より詳しい「リバースエンジニアリング」の解説をご覧いただけます。

分野別用語辞典

※本文中に誤字や脱字、不適切な表現などを発見した際には、
お手数ですが、是非ご一報下さいますと助かります。
ご連絡は「お問合わせ先」のページよりお願い致します。

HUAWEI P10HUAWEI P10
中国のファーウェイ(華為技術)が販売するスマートフォン。
InvokeInvoke
米国のHarman Kardonが開発した音声認識スピーカー。
Xiaomi Mi A1Xiaomi Mi A1
中国のシャオミ(Xiaomi)は販売するスマートフォンの名称。

 ・ITパスポート試験とは
 ・試験範囲と内容
 ・サンプル問題にチャレンジ

 ・Windowsの歴史
ジョン・マッカーシー LISPの開発者
ジョン・マッカーシー
人工知能の研究分野における第一人者。
スティーブ・ジョブズ Appleの共同創設者
スティーブ・ジョブズ
「Mac」や「iPhone」を生み出した経営者。
デニス・リッチー C言語、UNIXの開発者
デニス・リッチー
C言語の設計、UNIXの開発に携わった人物。
».m4b MPEG-4オーディオファイルの拡張子。 up!
».m4r iPhoneの着メロにするAACファイルにつく拡張子。 up!
».xlsx Excel 2007で作成したファイルのデフォルトの拡張子。
».docx Word 2007の標準的な保存形式。XML形式となっている。

2017年11月24日現在
ランキング1   ICT (用語辞典)
ランキング2   セグメント (用語辞典)
ランキング3   スワイプ  (用語辞典)
ランキング4   コンテキスト  (用語辞典)
ランキング5   プラットフォーム  (用語辞典)
ランキング6   AirDrop  (用語辞典)
ランキング7   デプロイ  (用語辞典)
ランキング8   リポジトリ  (用語辞典)
ランキング9   ウォーターマーク  (用語辞典)
ランキング10   バリデーション  (用語辞典)
RSS 0.91 RSS 1.0 RSS 2.0
IT用語辞典バイナリについてウェブリオ株式会社についてお問い合わせ先テクニカルライター募集利用規約
プライバシーポリシー著作権・商標について協力社一覧Weblio 辞書スマート翻訳英和辞典 - Weblio辞書Weblio英会話
©2012 Weblio, Inc. All rights reserved.